通信速度が変えたデジタル時代

通信速度が変えたデジタル時代の商品

ネット環境が一般化

Wi-Fi環境が重視される

Wi-Fiスポットが増えたのは、通信速度が変化したデジタル化時代による店舗などの変化です。
飲食店を選ぶ際に、味や値段以外にWi-Fi環境があるかどうかで決める例が増えています。

外出先でこのサービスがあると、自分が携帯会社と予め契約してる通信量が少なくても対応が可能だからです。
特に若い世代を中心に、外出先でインターネットを利用する事が日常の一部となっています。

手軽に外出先でインターネットを利用するために、Wi-Fiスポットがある店舗を利用するのはビジネスマン以外に学生が増えているのが最近見られる現象です。
ネット環境が整ってさえいれば、仕事以外にプライベートの要件を外出先で済ます事が可能になります。

動画や配信を楽しむ

音楽や企画などの動画や配信を楽しむ方が増えたのは、通信速度が変化したデジタル化時代が要因となっています。
携帯があればパソコンが無くてもこれらを楽しむことが可能だからです。
趣味や娯楽の一つとしてこれらを楽しむ方が増えています。

閲覧するだけでなく、自ら配信をする方がネットを中心に話題になります。
ネットの世界で話題になった方がテレビなどのメディアでとりあげられ活躍するのは、通信速度が変化したデジタル化時代の変化です。
手軽に多くの方が生放送や録画した動画や配信サイトを利用しています。
年齢を超えて共通の楽しみとして利用が可能なサービスであり、日本だけでなく海外の方と情報を共有する事が以前と異なり簡単に出来ます。


▲先頭へ戻る