通信速度が変えたデジタル時代

通信速度が変えたデジタル時代の商品

携帯の多機能化

電話よりSNS

学生などの若い世代を中心に、電話を直接かけるよりSNSでメッセージのやり取りをして連絡を取る方が増えているのは通信速度が変化したデジタル化時代を象徴する行為です。
手軽に連絡が取れるSNSの利用は、コミュニケーションの取り方に選択肢の幅をもたらしています。

時間を配慮した連絡からお互いに空いた時間に、SNSで連絡をとりあう関係が増えています。
一対一で連絡を取るだけでなく、グループをSNS上で作り交流が可能になったのは通信速度が変化したデジタル化時代の連絡方法です。
イベントなどの打ち合わせや、同じゲームをしながらグループ内でどのように動くかそして雑談などを含めて連絡をお互いに取る事が可能になります。

多機能な製品

開発された当初の携帯はサイズも大きく、昨日も通話だけでしたが通信速度が変化したデジタル化時代にともない多機能の製品が増えています。
携帯で決済をして通信販売を利用したり、銀行の入出金を行う事が簡単になったのです。
パソコンと連動して外出先から仕事をする事が可能になり、外出先での素早い対応が可能になります。

自宅のセキュリティーや留守の間のペットの様子を外出先から確認できるのは便利です。
あったらいいなと思える機能が増えているのが最近の携帯の特徴になります。
サイズは以前より小型で薄くなり軽量化を各企業が競っているからです。
通信速度が変化したデジタル化時代は、多くの方が使用している携帯の多機能化と関係しています。


▲先頭へ戻る