通信速度が変えたデジタル時代

通信速度が変えたデジタル時代の商品

通信速度とデジタル時代

通話よりSNSが主流

携帯電話での連絡手段が通話よりもSNSを使う事が多くなったのは、通信速度が変えたデジタル化の具体例です。
インターネット回線の利用が可能になり、通話よりも手軽にメッセージのやり取りが出来るのと、登録しているグループで同時に複数の方と連絡が取れるようになっており、個別にする必要がなくなっています。

通話だと相手の都合もあり、確実に連絡を取りたい相手とリアルタイムでとれるわけではありません。
そのためお互いに空いた時間に連絡が取りやすい、多くの方が利用しているSNSを利用して連絡を取る方が増えているのは大きな変化です。
連絡手段の多様化により、音声での連絡からデジタル回線を使用した通信手段が普及しています。

インターネットの普及

インターネットが普及したのは、速度通信が変化したデジタル化時代を表す内容です。
以前は処理速度が遅く使い勝手に問題が生じていたのですが、通信速度が速くなった事により多くのデータがすばやく処理できるようになっています。

アナログ回線から光回線に切り替える事で、インターネットが一般的になったのです。
プライベートでインターネットの動画サイトや配信サイトそしてゲームを楽しむ方が増えています。
これは携帯で手軽に利用できるようになった事や、パソコンでのデーター処理が速くなった事が影響しているからです。
小学生から高齢の方までこれらのサイトを楽しんだり、ネットゲームを個人やグループで日常的な習慣として楽しんでいます。


▲先頭へ戻る